投稿

post

【質問】
英語準備コースのテキストに「WILLは、いつそれが起こるかわからない漠然とした未来」とあり、「be going toは、ある程度予定がたっている未来」とあります。
テキストに、Will you habe lunch today?とIs he going to take a summer vacation from this week?という2つの例文がございます。
前者が「今日のランチ」に関する内容なのにWillで、後者が「週末に休暇を取るか」に関する内容なのにbe going を用いてるのか、理解ができておりません。
前後の内容で判断すれば判断できるのだと思いますが、アドバイスいただけると幸いです。
後者は、「休暇を取るつもり」というより「休暇をとるんだよね!」くらいな強い印象を与えて、前者は「お昼食べる?食べなくてもよいけど。」というようなふわっとした感じと捉えればよいのでしょうか。
 
【回答】
これは、Willで始まるからといって、【遠い未来に起こること】となるわけではありません。
未来表現ですので、未来のことであれば、いつの時点のことでもwillで描くことができます。
例えば、Will you go out tonight? Will you stay tonight?など、近い未来のことでも描くことができます。
同じように、be going to ~ も、未来のことであればいつでも使えますので、Is he going to take a summer vacation from this week?というように、近い未来の予定のみならず、少し遠い未来のことでも描くことができます。
また例えば、Are you going to college next year?というように、もう少し遠い未来のことでも使うことができます。
以上の様に、【未来表現】というくくりの中では、どちらも遠い未来・近い未来に関係なく使うことができます。
<補足>
Is he going to take a summer vacation from this week?は、
強調しているわけではなく、heに関するなんらかの情報を持っている状態で、この質問をしていると考えられます。
また、from this weekと最後につけていることからわかる通り、少し特定されている情報を質問していますので、be going to を使っているとも考えられます。
情報を持たない状態であれば、Will he take a summer vacation?というように、もう少し漠然と質問することもできます。

その他の投稿

2016/08/18 (木)
【質問】 英語準備コース1Week目のUnit4「助動詞」の例文で「may not attend」の和訳が「出席してはい...
【質問】  TOIEC600点コースのDVD第一講義、文法のチャプターにおいて  The guest speaker h...
【質問】  P37のCheck it out!の「I won't work on Sunday.」が「これから日曜日は働...
【質問】  P34下から4行目のところで、「I have eaten lunch.」は「already」がないのに「もう...
【質問】   may have done  might have done 「~したかもしれない」 これらのother ...
【質問】  解説(P44)を呼んだのですが、元々「depend on」で「~次第」で覚えていて、辞書で調べてもその意味も...
【質問】  解説(P25)に「複数なのでhasは不可」とありますが、haveとhasの使い分けについては、  have ...
【質問】  設定された時間以内に終わらせることにこだわり過ぎてしまい、よく考えずに回答してしまい、知識が定着しなように思...

Events イベント

Contact お問合せ

無料説明会お申込み・ご質問・ご相談はこちらから
受付専用フリーダイヤル
0120-970-647
受付時間 火~土※祝日を除く 11:00~18:00