Q&A

英会話コースについて
Q TOEFLやTOEICのスコアは高いのですが、話せません。どうしたらいいですか?
A
「スコア獲得に必要なスキル」と「英会話に必要なスキル」は一部異なりますので、話せるようになるためのトレーニングをする必要があります。

一般的にハイスコアをお持ちの方は、スコアアップの学習の過程で単語・文法・リスニング力などをある程度以上お持ちであるため、適切なトレーニングを積めば短期間のうちに驚くほど話せるようになります。

プレゼンスでは「読めるけど口からすぐに出てこない」基本例文の反復インプット&アウトプットトレーニングなど、独自のメソッドで、短期間のうちに、自分の意見を正確に伝えることを可能にします。
Q 授業ではどんなことをするのですか?
A
大まかに分類すると

前半:課題の確認テストとレビュー

中盤:個別のコーチングと全体でのシェア

後半:話せるようになるためのトレーニング

となります。授業までの一週間、ご自宅で徹底的なアウトプットトレーニングをしていただきます。



まず、「絶対に覚えるべきこと」をご自宅で確実にインプットしてきたかどうか、課題の確認テストを行います。その結果に基づき、各自の弱点の把握や、克服の対策、より効率的な学習方法などを個別に指導します。その後は受講生の皆様に話していただく時間です。ディスカッションやゲーム形式の対話など、「話したおす」ために様々な趣向をこらしています。また、その中でコーチが適宜気づいた点や改善ポイントをアドバイスします。

各回の最後には、次週までの課題と取り組み方の説明を行います。

8回目のセッションでは、受講生全員に5~10分のスピーチ・プレゼンを発表していただきます。
Q 英会話コースでリスニング力は伸びますか?
A
伸びます。

コミュニケーションを成立させるためには、英会話力アップと同時にリスニング力も強化することが必要です。

プレゼンスでは、TOEIC、TOEFLコースと同じ「英語脳養成メソッド」を英会話コースでもお伝えします。特に上級コースでは、TOEICのリスニングセクションで満点を取れるレベルのトレーニングを行っていただきます。
Q TOEFLのスピーキングセクション対策になりますか?
A
英会話コースで学ぶことで、TOEFLのスピーキングセクションにも大きな効果を上げることが可能です。しかし、基本的にはTOEFLに特化したコースではなく、あくまでも仕事や留学先で英語をコミュニケーションツールとして駆使したい方のためのコースです。



TOEFLコースでのスピーキングのトレーニングは、TOEFLのスピーキングセクションに特化し、TOEFLのハイスコアに必要なものだけを抽出しています。
Q クラス分けテストはありますか?
A
基本的に、クラス分けの為のテスト等は実施しておりません。



説明会にご参加いただいた際に、コーチから直接目標実現に最短の最適なクラスを、アドバイスさせていただきます(現状の英語レベルと英語の使用状況、一日の学習可能時間などをヒアリングさせていただきます)。 その際、判断に迷う場合について、簡単な文法テストをご用意しております。 お気軽にお申し付けください。



説明会の日程、及びお申込みは こちら
Q 発音矯正コースはどのタイミングで受講するのが良いでしょうか?
A
早急に英会話力が必要な状況の場合、ひとまず英語を話せるようにするために英会話コースを受講されるのをお勧めします。

TOEIC600点以上、またはそれに相当する英語力をお持ちの方はある程度「自分の意見を相手へ届ける」ことが可能になるので、

いずれ発音矯正をしようと考えているなら、この段階で、英会話力を伸ばす前に先に発音矯正コースを受講されるのをお勧めします。

間違った発音で大量の単語・構文をインプットした後に発音矯正をすると、それらの音を入れ直しする必要が出てきてしまいます。

いったん発音矯正をしてしまえば、その後の英語のインプットは正しい発音でおこなうことができます。

Events イベント

Contact お問合せ

無料説明会お申込み・ご質問・ご相談はこちらから
受付専用フリーダイヤル
0120-970-647
受付時間 火~土※祝日を除く 11:00~18:00