投稿

post

Part3,4の解法スタイル

2016/08/15 (月)

【質問】
苦手意識のあるPart3,4に関しての解法スタイルです。まだ自分は確立できていないです。
現状はマルチタスク型(リスニングしながらリーディング)ともいうべき解法です。
設問を先読みし、問題文のナレーションが始まったら設問・選択肢に目を通しながら音声に集中、
選択肢の答が直接聞き取れるか、またはパラフレーズが聞き取れたら即マークしてます。
設問のナレーションが始まったら即マークできなかった設問をマークするか、まるまる次の問題文の設問先読みをしてます。
解法スタイルはどのような方法があるでしょうか。長所、短所、必要とされる英語力といった観点から教えて頂けると有難いです。
 
【回答】
解法スタイルですが、基本的には①先読み②リスニング③解くを一定のペースで進めることがベースとなります。
そこに、英語力や好みによって緩急をつけていくイメージです。
以下、プレゼンスでお伝えしている解法に、緩急のつけどころを記載しております。参考までに。
1.ナレーションが始まる前に①設問②選択肢の優先順位で先読みをしておく
※最低限設問の先読みはMUST。
※選択肢はご自身の英語力により扱い方を決めておく。
(読まない(英語力:低~中)、読めそうなものだけ読む(英語力:中)、できるだけ全部読む(英語力:高)、など。)
先読みの量が多いほど内容が予測しやすくなるが、リスニングが散漫になることも。英語力に合わせた読み方が大切。
2.ナレーションが流れたらリスニングに集中
3.問題を解く
※問題の解き方は2通り。ご自身の英語力や好みにより解き方を決めておく。
Ⅰ.聞きながら解く(英語力:初~高)
○テンポよく回答できる
△一部聞き逃すとペースが大崩れする可能性がある
Ⅱ.全て聞いてから解く(英語力:初~中)
○リスニングに集中できる
△全ての内容を正確には覚えられない
4.遅くとも3つ目の設問文の問題番号が読まれたタイミングで、次の3問の設問文を先読みに入る

その他の投稿

2016/08/18 (木)
【質問】 英語準備コースのテキストに「WILLは、いつそれが起こるかわからない漠然とした未来」とあり、「be going...
2016/08/18 (木)
【質問】 英語準備コース1Week目のUnit4「助動詞」の例文で「may not attend」の和訳が「出席してはい...
【質問】 短期集中講座TOEIC英文法P118 134 ここでサービスが拡大しているという意味でexpandingでもい...
【質問】 短期集中講座!TOEIC TEST 英文法問題集P90 134 most と almostの違いが今一つ分かり...
2016/08/18 (木)
【質問】 英語徹底耳練P98 1行目 has nemed Edward Kleppy ここで和訳を見ると、「就任します」...
2016/08/18 (木)
【質問】 英語徹底耳練P106の2行目 First of all, my apologies for not being...
2016/08/18 (木)
【質問】 英語徹底耳練P82 中間 get any work done for a week ここでのdone はなぜ過...
2016/08/18 (木)
【質問】 英語徹底耳練P98上から3行目 Klepp has been serving as vice presiden...

Events イベント

Contact お問合せ

無料説明会お申込み・ご質問・ご相談はこちらから
受付専用フリーダイヤル
0120-970-647
受付時間 火~土※祝日を除く 11:00~18:00
資料ダウンロード